AI査定以上の売却金額になることはある?-HowMa不動産売却なんでも相談室 vol.3-

AI査定をしたけれど、不動産売却を進めていくにあたり、たくさんの論点や疑問に当たりますよね。

ここでは、HowMaに寄せられたユーザー様の質問をご紹介させていただきます。似たお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご参考にしてみてください。

(※個人が特定できるような質問は取り上げないので、現ユーザー様は今後も安心してお問い合わせください。)

Q:手数料などを引くと手元にいくら残るでしょうか?

A:

ご質問ありがとうございます。

一般的に物件を売却される際には、以下の手数料がかかってきます。

1.仲介手数料(成約価格の3%+6万円の消費税)

2.譲渡取得税:売却によって得た利益にかかる税金

3.契約時に貼付する印紙代:1〜3万円

4.借入がある場合は抵当権の抹消費用等:数万円

となります。

借入があれば上記よりさらに差し引き、手元に残る金額がわかります。

購入時と比べると必要諸費用は少なくなっておりますが、引かれる諸費用まで計算して売り出し価格を決めないと後々困ったことになりかねません。

なお、引っ越し費用などは含まれておりませんのでお気をつけください。

(関連記事)

不動産売却時にかかる仲介手数料はいくら?計算方法や注意点を徹底解説

Q:AI査定でまずまず満足のいく価格は出ているのですが、これ以上の売却金額になることはありますか?

A:

ご連絡ありがとうございます。

良い価格が出たとのこと、嬉しく思いますがAI査定価格はあくまでも目安です。気軽に相場を把握していただくためのツールとなりますので、実際に売却を検討していただく際には不動産会社さんに査定依頼をしていただくことをお勧めしております。

その中で、実際に売れそうな価格、市況を鑑みたチャレンジ価格という査定をお願いしてみると良いと思います。それであれば、期待よりも高い価格で売ることができる可能性はあります。ただし「不動産に掘り出し物なし」という格言通り、相場から明らかに逸脱した高値で売ることは正直難しいと思います。

一点、高く売りたいとお考えのときに気をつけていただきたいのは、不動産会社さんの中にはお客様への印象の良さを優先して売れる見込みのない高額な査定を出してくる会社さんがいます。

そのような会社さんを見抜くために、必ずしてほしいことがあります。

出された価格の根拠を確認するようにしてください。高い価格で売るつもりのある会社さんは、きっちりと根拠のある販売戦略を説明してくれるはずです。その説明もなく「必ず売ります!」としか言えない会社さんは要注意です。不明点や不安に感じる点は遠慮なく質問するようにしてください。

(関連記事)

正直不動産の世界にHowMaがあったら〜必ず売ります!は信じるな〜

あれよあれよと売却完了。大手の虚偽査定に騙されなくて良かった〜HowMaオンライン売却ご利用者様インタビュー(vol.9)〜

弊社の独立性の高い立場からも客観的なアドバイスはできますので、お気軽にこちらのチャットをご利用ください。

不動産会社さんへの査定依頼ですが、マイページ内にある「一括査定」より複数の不動産会社さんに査定依頼ができます。

一括査定は面倒だなとお考えでしたら、不動産会社さんからオファーが入るサービスがあります。

お客様のマイページ上からオファーの来ている不動産会社さんに対して匿名でのご相談、査定依頼も可能ですのでお気軽にご利用くださいませ。(エリア、タイミングによってはオファーがないこともございます)