既存住宅売買瑕疵保険とは?

中古住宅を購入しようとする買主、売ろうとする売主ともに、引渡し後に住宅の欠陥があったらどうしようという不安はあると思います。

雨漏りがする、白アリ被害が出たなど、物件の欠陥などを「瑕疵(かし)」といいます。

基本的に、売主は売った物件にトラブルがあった場合に、買主に対して責任を負わなければなりません。
しかし個人が売主となることが多い中古住宅の取引の場合、規定も曖昧で十分な瑕疵担保責任を問えないケースもあるようです。

そういったトラブルを防ぐため、任意の制度として国が推進し、既存住宅売買瑕疵保険ができました。

既存住宅売買瑕疵保険

まず、保険には「個人が売主」のタイプと「不動産会社が売主」のタイプの2つがあります。

両方とも補修費用等を保険金で保証しますが、実際に保証を行うのは個人のタイプでは検査機関、不動産会社のタイプでは不動産会社です。

ここでは個人のタイプを想定してご説明します。

保険に入る場合はまず、検査機関や保険会社が住宅に問題ないか検査をし、問題なければ保険に加入できます。

まずここで、保険に入れているということは、その住宅はその時点では問題ないと評価されたということです。

そして、1年または5年の保証期間内に万が一瑕疵が見つかって補修をする場合の費用を保険で保証します。

検査をした検査機関が保証をしますので、買主は検査機関に直接請求をして、支払いを受けます。(検査機関が倒産した場合は保険会社と直接やり取りします)

加入するのは売主

内容からすると買主を守るために存在するような保険ですので、買主が加入するかと思う方もいるかもしれません。

しかし、この保険に加入するのは売主です。

売主としては、悪意でもない限り、引き渡した後に欠陥が見つかって欲しくないでしょうし、買主から請求されるのも嫌だと思います。

保険に加入していることが、安心して買える住宅として、住宅の付加価値になります。

また、検査を通り保険に加入できていることが、検査機関から問題のないという評価を得ている住宅だという差別化にもなります。

買主としては、この保険に加入している住宅は安心して買えるものだと思います。

住宅選びの際にチェックすべき1つのポイントにすると良いと思います。

国土交通大臣が指定した「住宅瑕疵担保責任保険法人」

住宅瑕疵担保責任保険を扱っている法人は、国土交通大臣が指定した下記の会社になります。

保険の申し込み自体は各法人が取り扱っています。

・株式会社住宅あんしん保証

・住宅保証機構株式会社
・株式会社日本住宅保証検査機構

・株式会社ハウスジーメン
・ハウスプラス住宅保証株式会社

いかがだったでしょうか。

売主、買主ともに安心して気持ち良く取引するために、保険への加入を検討してみてください。