不動産査定とは?依頼方法や査定の流れ、事前準備について詳しく紹介

不動産査定とは?査定方法やメリットは?

不動産査定とは?査定方法やメリットは?

不動産を売却する場合、売りたい不動産の価格がいくらなのかを事前に知る必要があります。

築年数や立地など、さまざまな条件によって売却時の価格が変わってくるためです。不動産の価格がいくらになるのか、不動産会社に算出してもらうのが「不動産査定」です。

不動産査定には、簡易査定と訪問査定があります。不動産査定の種類と、不動産査定を行うメリットを紹介します。

不動産査定は不動産会社に依頼する

不動産を売却する場合、不動産会社に依頼するのが一般的です。

不動産査定を依頼する不動産会社は、口コミなどを参考して、高評価で実績豊富な会社に依頼すると安心です。不動産査定は、売却する不動産の状態などによって、どの程度の価格で売却できるのかを知るために実施します。

不動産の査定額が出たら、不動産ごとに最適な売却方法をアドバイスしてもらいましょう。

簡易査定と訪問査定

不動産査定には「簡易査定」と「訪問査定」の2種類があります。

簡易査定は「机上査定」とも呼ばれます。不動産の立地や土地の大きさ、築年数などで査定価格を算出する方法です。訪問査定は、実際に現地調査を行う査定方法です。

訪問査定の方がより詳細に査定できるので、精度の高い査定が可能です。訪問査定の場合、数時間かけて不動産の状態を確認するのが一般的です。

不動産査定を受けるメリット

不動産査定には、受けるメリットがあります。

訪問査定は実際に物件を見て不動産価格を判定するため、より現実的な不動産価格がわかります。不動産の売却に適した時期や、売り方についてのアドバイスも受けられるでしょう。

簡易査定のメリットは、手軽に利用できるところです。

すぐに不動産を売却するつもりがないときや、時間がないが査定価格が知りたい場合には、簡易査定が便利ですね。

不動産査定の流れとは?

不動産査定の流れとは?

不動産査定を依頼する場合には、不動産査定がどのような手順で実施されるのか、基本的な流れの把握が必要です。

おすすめは、まず複数の不動産会社に一括で簡易査定を依頼する方法です。次に、訪問査定を依頼する不動産会社を決めて、現地調査を依頼しましょう。査定の実施後には、査定結果の報告を受けます。不動産を売却するなら、売却手続きを進めてください。

不動産査定の流れについて詳しく紹介します。

複数の不動産会社に一括査定

不動産の査定価格は不動産会社によって異なります。

そのため、不動産査定を一社だけに依頼するのは危険です。複数の不動産会社に査定を依頼することで、より正確な査定額がわかります。複数の不動産会社に依頼する場合には、一括依頼が手軽にできる専用のWebサイトを利用するのがおすすめです。

不動産に関する情報を何度も入力する手間が省け、簡単に複数の会社へ査定依頼できますよ。

訪問査定依頼先を決める

不動産の売却をする前には、正確な査定価格を決めるために、訪問査定が欠かせませんね。

不動産会社に訪問査定を依頼しても、査定の費用はかかりません。また、査定をした不動産の売却を依頼するかどうかも自由に決められます。

不動産の売却を迷っていていても、気軽に不動産査定を受けられるのは嬉しいですね。

訪問査定を依頼する場合には、一括無料査定の対応が丁寧で、売却実績が多い不動産会社に依頼するのがおすすめです。

現地調査の実施と査定結果の確認

訪問調査を依頼する場合には、まず訪問の日時を決めましょう。

訪問調査は、物件の中の状態の確認も行いますので、立ち合いが必要です。訪問調査が完了したら、調査結果の報告を受けます。

通常、数日以内に査定結果が届くでしょう。査定額を確認し、査定の内容に不明な点があれば、納得できるまで確認することが必要です。

査定額にどうしても不満がある場合には、別の不動産会社に訪問査定を依頼する方法もありますよ。

不動産査定額はどのようにして決まる?

不動産査定額はどのようにして決まる?

不動産の査定額は、複数の方法を組み合わせて決定します。不動産査定額の計算方法には3つの種類があり、個人が社有する不動産の場合には、取引事例比較法と原価法で計算するのが一般的。

不動産会社によって査定額が異なることがあります。また、不動産査定額と売却額はイコールではありません。

ただし、売却額を決定するのは、あくまでも不動産の所有者です。不動産査定額の決定方法や注意点を紹介します。

不動産査定額の計算方法は3つある

不動産価格の査定は主に3つあります。「取引事例比較法」は査定する不動産と条件が近い売却済み物件を探し、比較することで査定する方法です。

「原価法」は現時点で物件を新築した場合の価格を算定し、物件の築年数に応じて物件価格を産出する方法です。

「収益還元法」は、賃貸物件が生み出す収益から物件価格を産出する方法です。収益還元法には「直接還元法」と「DCF法」の2種類の計算方法があります。

不動産会社によって査定価格が異なる理由とは?

同じ不動産でも、不動産会社によって、査定額が異なることがあります。不動産会社によって査定価格が異なるのは、売却する不動産と比較する不動産が、不動産会社によって異なるためです。

また、不動産の所有者がすぐに物件を売却したいかどうかで、査定価格が変動する場合もあります。

早く売却したい希望がある場合、低めの査定価格にすれば、早期売却につながるからです。

不動産査定額と売却額が異なることもある

不動産の査定額は、不動産を売却する際の参考になる価格です。

しかし、査定額と実際の売却額は、必ずしもイコールではありません。不動産査定額と売却額が異なることもあることを知っておきましょう。

不動産を売却する場合、売主が希望する価格で買いたいという人がいることが必要です。

不動産査定をした上で妥当な不動産価格を付けたとしても、買いたいという人がいなければ売却はできません。その場合には、価格を下げることが必要な場合も。査定額は、あくまでも目安だと考えましょう。

売却額を最終的に決定するのは売主

不動産を売却する場合、売却額を最終的に決定するのは売主自身です。

不動産査定額を確認し、不動産会社からアドバイスを受けながら、適正な売却額を設定しましょう。

高く売却したい場合には、査定額よりも高額に設定することもできます。また、早く売却したい場合には、あえて売却額を低めに設定することで売却しやすくなることがあります。

売却額を変更したい場合には、不動産会社に相談しながら進めましょう。

不動産査定前に準備しておくべきことは?

不動産査定前に準備しておくべきことは?

不動産の訪問査定を受ける場合、事前準備をしておくとスムーズです。不動産査定に必要な書類を揃え、修繕やハウスクリーニングが必要な箇所の確認をしておきましょう。

また土地・一戸建ての場合、あいまいになりやすい境界線を確認しおくことも大切です。

不動産の査定に必要な情報をあらかじめ確認しておくことで、より正確な査定額での不動産査定が可能になります。不動産査定前に準備しておくべきことを紹介します。

不動産査定に必要な書類を揃える

不動産査定は、書類なしでも行えます。しかし、より正確な査定には、不動産情報を確認できる書類が役立ちます。

不動産査定に必要な書類は、査定前に不動産会社から指示があります。一般的には、本人確認書類、登記済権利書、固定資産税納税通知書などです。査定当日までに、必要書類を揃えておきましょう。

耐震診断報告書など、査定額の決定に影響しそうな書類があれば、あわせて準備したいですね。

修繕やハウスクリーニングが必要な箇所の確認

不動産査定を行う場合、事前に、物件の故障箇所や修繕の状況を確認しておきましょう。

不具合がある場合には、修繕やハウスクリーニングを行う必要があるからです。不具合などを事前にはっきりと伝えておくことで、不動産査定後や、物件売却後のトラブルを防げます。

リフォームやハウスクリーニングが必要な場合には、専門業者に対応依頼することで問題を解決できますよ。

土地・一戸建てなら境界線を確認

土地や一戸建ての売却時には、隣接する土地や物件との境界線がトラブルになりやすいもの。境界線の確認には、手間や時間がかかる場合もあります。

土地や一戸建ての売却を検討しているなら、境界線が明確になっているかどうかを確認しておきましょう。

不動産査定をする場合にも、境界線がはっきりしていれば、査定がスムーズに進みます。

不動産査定は信頼できる不動産会社に依頼しよう

不動産査定は信頼できる不動産会社に依頼しよう

不動産の売却を検討しているなら、不動産業者に査定を依頼しましょう。

まずは専用のWebサイトから、一括で机上査定を依頼するのがおすすめです。訪問査定は、信頼できる不動産会社に依頼したいですね。

不動産査定は、すぐに不動産売却をしない場合でも、無料で依頼が可能です。将来的に売却を考えている場合には、不動産査定を利用してみましょう。

少しでも高い価格で売却ができるよう、不動産会社に相談しながら慎重に進めたいですね。

最新情報をチェックしよう!