静岡県の不動産を自動で査定できます

静岡県の家を自動査定!
その場ですぐ結果がわかります

1.家の情報を
入力するだけ

Estimate input

2.人工知能が
自動で査定

Zin2

3.その場ですぐ
査定が見れる

Estimate result

HowMaの自動査定のメリット

ネットですぐ査定
フォームに入力するだけ、およそ2分ですぐに査定価格が確認できます。
営業は一切ありません
AIによる査定ですので不動産会社の営業はありません。お気軽にご利用ください。
価格変動をキャッチ
相場変動に合わせて自動で再査定。査定価格の変動をグラフで確認できます。
全ての機能が無料でご利用いただけます。お気軽にお試しください。

静岡県で自動査定を利用したユーザーの声

完全無料、営業一切なしでご利用いただけます。お気軽にご利用ください。
無料の自動査定はこちら

参考情報

静岡県の不動産相場情報

静岡県内での市区町村単位の差は約2.44倍となっております。
*不動産相場はHowMaが独自に調査・算出した値です。
推定条件
地域名 マンション相場 戸建相場
静岡市葵区 2,600万 1,800万
駿東郡長泉町 2,500万 1,700万
三島市 2,600万 1,500万
静岡市駿河区 2,400万 1,700万
御殿場市 2,400万 1,300万
裾野市 2,100万 1,300万
沼津市 2,000万 1,400万
浜松市中区 1,900万 1,500万
島田市 2,100万 1,200万
駿東郡清水町 1,800万 1,500万
静岡市清水区 1,900万 1,400万
藤枝市 2,000万 1,200万
浜松市東区 1,800万 1,300万
熱海市 1,900万 1,200万
磐田市 1,900万 1,100万
袋井市 1,900万 1,100万
焼津市 1,800万 1,200万
富士宮市 1,800万 1,100万
富士市 1,600万 1,200万
掛川市 1,700万 1,100万
浜松市南区 1,600万 1,200万
浜松市浜北区 1,600万 1,200万
浜松市西区 1,600万 1,100万
伊豆の国市 1,300万 1,200万
田方郡函南町 1,300万 1,100万
下田市 1,300万 1,000万
浜松市北区 1,100万 1,100万
賀茂郡河津町 1,300万 990万
賀茂郡東伊豆町 1,100万 960万
伊東市 960万 1,000万
賀茂郡西伊豆町 1,000万 950万
伊豆市 820万 990万
湖西市 *データ不足 1,200万
菊川市 *データ不足 1,100万
榛原郡吉田町 *データ不足 1,000万
牧之原市 *データ不足 1,000万
駿東郡小山町 *データ不足 1,000万
浜松市天竜区 *データ不足 1,000万
周智郡森町 *データ不足 1,000万
御前崎市 *データ不足 1,000万
賀茂郡南伊豆町 *データ不足 930万
榛原郡川根本町 *データ不足 *データ不足
賀茂郡松崎町 *データ不足 *データ不足

静岡県のエリア情報

住む場所を探しているならおすすめ!静岡県の魅力を徹底解析

静岡県は歴史的に交通の要所
中部地方と東海地方に属する静岡県は、お茶とみかんの栽培が盛んな県です。人口は370万人ほどと、2017年5月現在では全国で10番目に人口が多い都道府県となっています。静岡県では日本のシンボルである富士山の圧倒する姿を間近で見たり、実際に登ったりすることができます。文化面では駿河漆器や駿河蒔絵などの漆工芸が盛んであり、スポーツ面ではサッカーの人気が高く、静岡県からは4つのクラブがJリーグに加盟しています。歴史的に江戸と京都の間にあった静岡県は東海道の要所であり、東海道にある五十三次のうち22の宿が静岡県にありました。そのため、静岡県は古くから人々が行き交うエリアとして栄えていたという歴史があります。
静岡県はアクセス抜群!東海道は現代でも生きている
静岡県は古くから交通の要所だったので、比較的どこへ行くのにもアクセスは抜群です。静岡県には東海道新幹線や東海道本線が通っており、東京方面でも関西方面でも、複雑に乗り換えをすることなく簡単にアクセスすることができます。東京−静岡間の片道は新幹線「ひかり」でおよそ1時間、「こだま」でおよそ1時間半ほどです。また、京都−静岡間は「ひかり」でおよそ1時間半、「こだま」でおよそ2時間となっています。一方、県外へのアクセスが良いだけではなく、県内のアクセスも良好です。伊東線は熱海から伊東までを結んでおり、普通列車以外にも特急列車や観光列車もあります。そのため、日常生活で使うだけではなく観光をしに行くのにも便利です。その他にも、JRでは御殿場線、身延線、飯田線、私鉄では伊豆急行線、大井川鐵道大井川本線などがあります。
静岡県を自慢できる静岡県民は多い
静岡県の待機児童数は年々減少しており、子育て世代に住みやすいエリアとなっています。静岡県が発表している「平成28年4月1日の保育所等利用待機児童数の状況」によると、平成28年でおよそ450人の待機児童が県内にいますが、平成27年は780人、平成26年は567人であったことを考えると、県全体で子育て世代の応援に力を入れていることがわかります。(https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/documents/h28taikikisyahappyou.pdf) また、ソニー損保生命株式会社の調査による「暮らしやすさ自慢」の結果では、全国で静岡県が第3位に入っています。これは各都道府県の男女100人ずつ合計4700人に調査した結果で、現在在住の都道府県で自慢できることがあるかと聞いた結果、静岡県では47%の人が自慢できると答えました。このことから、幅広い世代の人が静岡県での暮らしに満足していることが読み取れます。もし静岡県で家の売却を考えているのなら、査定をしてみてはいかがでしょうか。(http://www.sonylife.co.jp/company/news/28/nr_161205.html)

静岡県の不動産取引データ

エリア内の収録取引事例数(直近1年以内) 101,045 件
一戸建ての収録取引事例数 42,172 件
マンションの収録取引事例数 16,953 件
土地の収録取引事例数 41,920 件