沖縄県の不動産を自動で査定できます

沖縄県の家を自動査定!
その場ですぐ結果がわかります

1.家の情報を
入力するだけ

Estimate input

2.人工知能が
自動で査定

Zin2

3.その場ですぐ
査定が見れる

Estimate result

HowMaの自動査定のメリット

ネットですぐ査定
フォームに入力するだけ、およそ2分ですぐに査定価格が確認できます。
営業は一切ありません
AIによる査定ですので不動産会社の営業はありません。お気軽にご利用ください。
価格変動をキャッチ
相場変動に合わせて自動で再査定。査定価格の変動をグラフで確認できます。
全ての機能が無料でご利用いただけます。お気軽にお試しください。

沖縄県で自動査定を利用したユーザーの声

完全無料、営業一切なしでご利用いただけます。お気軽にご利用ください。
無料の自動査定はこちら

参考情報

沖縄県の不動産相場情報

沖縄県内での市区町村単位の差は約3.26倍となっております。
*不動産相場はHowMaが独自に調査・算出した値です。
推定条件
地域名 マンション相場 戸建相場
那覇市 3,900万 2,100万
中頭郡北谷町 3,300万 2,300万
浦添市 2,700万 1,900万
宜野湾市 2,800万 1,800万
国頭郡恩納村 2,700万 1,200万
豊見城市 2,400万 1,500万
中頭郡西原町 2,300万 1,600万
沖縄市 2,100万 1,500万
名護市 2,100万 1,300万
中頭郡嘉手納町 *データ不足 1,700万
島尻郡南風原町 *データ不足 1,600万
中頭郡中城村 *データ不足 1,400万
中頭郡北中城村 *データ不足 1,400万
島尻郡与那原町 *データ不足 1,300万
糸満市 *データ不足 1,300万
中頭郡読谷村 *データ不足 1,300万
うるま市 *データ不足 1,200万
石垣市 *データ不足 1,200万
島尻郡八重瀬町 *データ不足 1,100万
宮古島市 *データ不足 1,100万
南城市 *データ不足 1,000万
国頭郡今帰仁村 *データ不足 920万
国頭郡本部町 *データ不足 920万
八重山郡与那国町 *データ不足 *データ不足
八重山郡竹富町 *データ不足 *データ不足
国頭郡伊江村 *データ不足 *データ不足
国頭郡国頭村 *データ不足 *データ不足
国頭郡大宜味村 *データ不足 *データ不足
国頭郡宜野座村 *データ不足 *データ不足
国頭郡東村 *データ不足 *データ不足
国頭郡金武町 *データ不足 *データ不足
宮古郡多良間村 *データ不足 *データ不足
島尻郡久米島町 *データ不足 *データ不足
島尻郡伊平屋村 *データ不足 *データ不足
島尻郡伊是名村 *データ不足 *データ不足
島尻郡北大東村 *データ不足 *データ不足
島尻郡南大東村 *データ不足 *データ不足
島尻郡座間味村 *データ不足 *データ不足
島尻郡渡名喜村 *データ不足 *データ不足
島尻郡渡嘉敷村 *データ不足 *データ不足
島尻郡粟国村 *データ不足 *データ不足

沖縄県のエリア情報

沖縄県の特徴や住みやすさを知りたい!

日本でありながらエキゾチックな沖縄県
人口約145万人の沖縄県は旅行地として大変人気のあるエリアです。沖縄は亜熱帯地域に属しており、1年の平均気温が約22℃と温暖なエリアです。沖縄県は本島以外に全体で大小合わせて約160もの島からなっています。東西に約1000km、南北に約40km広大な県域を持っています。珊瑚礁に囲まれた美しい海や多彩な生物がいる自然が魅力で観光客を引きつけています。また、沖縄の独特の文化も魅力的です。昔から海外との交易が盛んだった沖縄ですが、1429年に誕生した琉球王朝時代には東南アジアや中国の影響を色濃く受けた琉球文化がスタートします。1879年には廃藩置県により琉球王朝は途絶え、第2次世界大戦中には地上戦により激しい被害を受けてしまいました。1945年以降はアメリカ軍の統治が始まり、アメリカの文化が影響を与えるようになります。1972年には日本に復帰を果たすものの、米軍基地問題などが現代も残っています。
沖縄県の交通事情
沖縄本島の交通手段には、車、モノレール、バスなどがあります。モノレール以外の鉄軌道がないため、沖縄県民の足となっているのは主に自家用車となっています。そのため、那覇都市圏では渋滞発生率が高いです。また、平日の通勤ラッシュの時間帯にはバスやタクシーのみ通行できるバスレーンの規制があるのが特徴です。ゆいレールと呼ばれるモノレールは那覇空港と首里を結ぶ交通機関です。駅間の距離が約1kmで、終点まで約27分の長さとなっています。モノレールは那覇市内のみの移動に用いられる一方で、バスは路線が充実しています。ただし、利用方法は慣れていない人にとっては少し複雑に感じられるでしょう。沖縄県には那覇ICから許田ICまで全長約57.3kmの沖縄自動車道が走っています。全部で15カ所のICやJCTがあり、主要観光地への移動がスムーズです。沖縄本島以外の離島へはフェリーや飛行機での移動が一般的です。離島には公共の交通手段が確立されていないことが多く、自家用車での移動がほとんどです。
沖縄県の住みやすさとは
沖縄県はエリアによって住みやすさが異なります。県庁所在地であり、経済や政治の中心になっている那覇市は大変住みやすい街です。バスやモノレールなどの公共交通機関が多く、スーパーやデパートなどの商業施設や飲食店等の数も豊富なので、利便性が高いエリアと言えます。一方で、交通渋滞を避けたい人に人気なのが本当の中部にある沖縄市です。アメリカ、日本、沖縄の文化が混ざる独特のチャンプルー文化が特徴で、自然環境に恵まれた住みやすいエリアです。また、落ち着いた住環境なのが、自然が豊かで美しい海や緑を身近に感じられるエリアである沖縄県南部。那覇市街地へも通勤可能で、バスなどの交通手段が発達しているのも魅力です。本土とはひと味異なる魅力を持つ沖縄への移住を考えている人は、住宅の売却を想定して物件の査定を試して見るのはいかがでしょうか。

沖縄県の不動産取引データ

エリア内の収録取引事例数(直近1年以内) 8,341 件
一戸建ての収録取引事例数 1,812 件
マンションの収録取引事例数 2,427 件
土地の収録取引事例数 4,102 件