東京都の不動産を自動で査定できます

東京都の家を自動査定!
その場ですぐ結果がわかります

1.家の情報を
入力するだけ

Estimate input

2.人工知能が
自動で査定

Zin2

3.その場ですぐ
査定が見れる

Estimate result

HowMaの自動査定のメリット

ネットですぐ査定
フォームに入力するだけ、およそ2分ですぐに査定価格が確認できます。
営業は一切ありません
AIによる査定ですので不動産会社の営業はありません。お気軽にご利用ください。
価格変動をキャッチ
相場変動に合わせて自動で再査定。査定価格の変動をグラフで確認できます。
全ての機能が無料でご利用いただけます。お気軽にお試しください。

東京都で自動査定を利用したユーザーの声

完全無料、営業一切なしでご利用いただけます。お気軽にご利用ください。
無料の自動査定はこちら

参考情報

東京都の不動産相場情報

東京都内での市区町村単位の差は約8.33倍となっております。
*不動産相場はHowMaが独自に調査・算出した値です。
推定条件
地域名 マンション相場 戸建相場
港区 1.0億 1.3億
千代田区 9,700万 1.3億
渋谷区 1.0億 9,800万
目黒区 9,700万 1.0億
中央区 7,800万 1.1億
品川区 8,300万 8,500万
文京区 7,900万 8,800万
新宿区 8,000万 7,500万
武蔵野市 8,100万 6,900万
世田谷区 8,000万 6,900万
中野区 7,400万 6,500万
杉並区 7,000万 6,600万
豊島区 7,100万 6,500万
大田区 6,400万 6,900万
江東区 6,200万 6,900万
台東区 6,400万 6,700万
墨田区 6,000万 5,800万
北区 6,000万 5,600万
三鷹市 6,600万 4,900万
荒川区 5,500万 5,900万
練馬区 5,500万 4,800万
小金井市 5,800万 4,400万
板橋区 5,500万 4,700万
江戸川区 5,300万 4,600万
狛江市 5,600万 4,300万
国立市 5,300万 4,300万
調布市 5,300万 4,200万
国分寺市 5,500万 3,800万
西東京市 4,700万 3,900万
府中市 4,500万 3,800万
葛飾区 4,300万 3,700万
足立区 4,300万 3,600万
小平市 4,100万 3,100万
立川市 4,400万 2,700万
稲城市 3,600万 3,200万
多摩市 3,900万 2,700万
東久留米市 3,400万 2,800万
東村山市 3,600万 2,600万
清瀬市 3,500万 2,700万
昭島市 3,500万 2,600万
町田市 3,600万 2,400万
日野市 3,500万 2,400万
東大和市 3,400万 2,400万
八王子市 3,300万 1,900万
福生市 2,700万 2,400万
羽村市 2,600万 2,200万
武蔵村山市 2,500万 1,800万
あきる野市 2,600万 1,600万
青梅市 2,400万 1,500万
西多摩郡瑞穂町 *データ不足 1,600万
西多摩郡日の出町 *データ不足 1,300万
三宅島三宅村 *データ不足 *データ不足
八丈島八丈町 *データ不足 *データ不足
利島村 *データ不足 *データ不足
大島町 *データ不足 *データ不足
小笠原村 *データ不足 *データ不足
御蔵島村 *データ不足 *データ不足
新島村 *データ不足 *データ不足
神津島村 *データ不足 *データ不足
西多摩郡奥多摩町 *データ不足 *データ不足
西多摩郡檜原村 *データ不足 *データ不足
青ヶ島村 *データ不足 *データ不足

東京都のエリア情報

東京都の物件が売却しやすい理由

東京都の不動産取引は常に活発
東京都は日本の首都であり政治・経済の中心として発展し続けています。東京都の不動産取引を考える上で人の移動が多い場所であることは物件査定に好影響を与えるといえるでしょう。東京都の統計によると2015年度1日あたりの平均転入者数は1,251人、転出者数は1,020人でした。これだけ人の出入りがあるということは、引越しの数も多いといえます。さらに1日あたり390人が就職しているというデータもあります。これらの情報から不動産売買などの取引が活発である可能性が高く、売却を検討するときには時期を問わずに買い手を見つけられる可能性があります。総務省の「平成26年経済センサス-基礎調査(確報)結果」によると事業所の数は72.8万あり、日本で一番多いのが東京都です。職場に通勤するために便利な東京都内に不動産の購入を希望している方も多いでしょう。 参照 東京都の統計、http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kurasi/2017/ku17-01.htm(引用日:2017.5.19) 平成26年経済センサス-基礎調査(確報)結果 http://www.stat.go.jp/data/e-census/2014/pdf/kaku_gaiyo.pdf(6/41ページ)
交通アクセスは電車が主流
東京都へは新幹線、飛行機、高速バス、自動車などさまざまな交通手段でアクセスが可能です。東京都内の移動手段は鉄道を利用する方が最も多い傾向です。国土交通省の「平成24年度首都圏整備に関する年次報告」によると48%ほどの方が日常的に電車で移動しています。2017年1月30日からタクシーの初乗り運賃が改訂され、東京都23区、武蔵野市、三鷹市のタクシーは、従来初乗り2キロメートル730円から1.052キロメートル410円に値下げされました。そのため、タクシーで短距離の移動も便利になっています。さらに、市街地と住宅地の間を結ぶ交通手段として従来のバス路線に加えて小型バスなども増えてきています。区や市などが住宅地や駅を巡廻する小型のコミュニティバスを導入しており、2002年2月時点では都内に33路線の路線があります。地下鉄の新駅も増えてきていることから、東京都の交通アクセスはとても便利です。交通アクセスの利便性は不動産の査定に影響しますので、交通手段が増え続けている東京都の不動産は売却しやすいといえます。 東京都都市整備局、http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/kotsu/t_genjo.htm(引用日:2017.5.19) 東京都都市整備局、http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/kotsu/b_genjo.htm(引用日:2017.5.19) 東京都都市整備局、http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/kotsu/b_genjo.htm(引用日:2017.5.19) 東洋経済ONLINE、http://toyokeizai.net/articles/-/156946(引用日:2017.5.23)
物価は高めだが便利な生活環境
東京都は人口が多く、交通アクセスに優れていますが生活環境についてさらにみていきましょう。東京都の「暮らしと統計2017」によると、病院数は2015年10月1日時点で全国1位となっており、648施設ありますので安心といえそうです。また、住宅地と都心ではくらしやすさにも多少の違いがあります。住宅地では駅の近くに大型スーパーや商業施設が充実しており、毎日の買い物は便利です。都心は大型店舗が少ない傾向にあり、飲食店や小型スーパーなどが充実しています。ただし、東京都の「暮らしと統計2017」から、2015年度平均で都道府県別消費者物価地域差指数の全国平均を100とした場合、東京都は104で全国で最も物価が高いです。人口数が日本一であることと、物価が高めであることから、持ち家住宅率は45.8%に留まっています。そのため、持ち家を希望する潜在的な世帯は多い可能性があり、不動産査定を参考にして売却額を柔軟に考えれば不動産売却はしやすいといえるでしょう。 東京都の統計、http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kurasi/2017/ku17-zenkoku.htm(引用日:2017.5.19)

東京都の不動産取引データ

エリア内の収録取引事例数(直近1年以内) 409,962 件
一戸建ての収録取引事例数 109,077 件
マンションの収録取引事例数 257,794 件
土地の収録取引事例数 43,091 件